アイキャッチ画像

堅実?ヘタレ? なぜ日本人は貯金を好み投資を嫌うのか?

 

スポンサーリンク

日本人は貯金を好み、投資を嫌う傾向があります。 外国と比べても、その差は歴然です。

投資家統計

出典:日本銀行調査統計局

私は投資を始めてまだ1年にも満たない未熟者で大層なことを言える立場ではありません。それでも、日本人の投資家は少なすぎると感じてしまいます。

なぜ、日本人は投資に対する意識が低いのか?

今回はそのことについて、個人的見解を書いていきます。

投資について学ぶ機会がない

日本の義務教育の中で、投資について学ぶ機会はありません。それどころか、教師は「汗水流して働くことこそ尊い」といった馬鹿げたことを説く連中ばかり。

親や周囲には「給料は我慢料」とか「楽して稼ごうとするとダメになる」と言われました。誰しも一度は言われたことはあるはずです。こうしたアホみたいな連中しかいない環境でお金に関する知識に関心なんか持てませんし、身に付く訳がありません。

この国も最近になって、NISAつみたてNISAiDecoといった投資に関する制度を設けましたが、全く定着していません。こうした制度を定着させるためにも、今後は投資についてのカリキュラムを組むことが必要になっていくでしょう。

もし、私が親や教師の立場になったら、役に立たない学校の勉強よりも投資やお金の勉強を子供に身に付けさせたいです。

関連記事:学校は奴隷養成所!? 学校が子供を不幸にする6つの理由

スポンサーリンク

投資=ギャンブル=危険というイメージが蔓延している

誰しも一度は株やFXで大損した人の話を聞いたことはあるでしょう。

こういった話の多さから、世間では投資はギャンブルかつ危険なものとされています。それどころか、パチスロや競馬の方が娯楽としても捉えられている分、投資よりもマシなイメージがあるように思えます。

これはマスメディアの影響が大きいです。テレビでもネットでも、「株価の暴落で数百万円の大損」「FXや仮想通貨で破産した」など、投資で大損こいたという悪い面ばかりが表沙汰になります。

一方で、なぜ破産するほどの失敗したかについては、詳しく取り上げられません。また、投資家は金持ちばかりというイメージも根強いです。これでは投資は危険なギャンブルかつ金持ちの道楽というイメージが定着してしまうのも当然でしょう。

一方で、株主優待や配当金で生活する人がテレビ番組で取り上げられたり、スワップポイントで利益を得ている人をブログで見かけるようになりました。少額かつ長期投資がメインの人も増えてきています。

私自身、投資に対するイメージが180度変わりました。投資に限らず、物事もやり方次第では危険な博打になれば、生活を豊かにする手段にもなり得るのです。

金銭的・時間的余裕がなくリスクも取らないため貯蓄で精一杯

仕事で時間に余裕がない故に、投資について学び触れる機会がないというケースも挙げられます。

労働者は会社で長時間拘束されるため時間的余裕もありません。その上、毎年賃金が下げられるうえに、増税でさらに金銭的負担が増えます。

これでは投資について勉強する時間なんて取れるはずがありませんし、リスクを取る余裕もありません。良く言えば堅実、悪く言えばリスクを取らないヘタレという国民性であると言えます。貯蓄に走ってしまうのも当然です。

国も最近になって、国民に投資させることに意識を向けたものの、労働問題や財政難が深刻すぎて上手くいってないのが現状です。

スポンサーリンク

終わりに:生活をより良くするにはリスクを取ることが欠かせない

就労と貯金だけでは資産を増やし生活をより豊かにすることはできません。

ゲームでも強いアイテムや武器にはそれなりのデメリットが設定されているのが基本です。自らの能力を上げるにはそれなりのリスクが必要なのです。

ひたすらハイリスク・ハイリターンを取ればいいということではありません。身の丈に合ったリスクを取りましょう。まずはローリスク・ローリターンの積み重ねがベストです。

私は投資に出会えて良かったです。むしろ、未成年の頃から始めたかったとすら思っています。(未成年は親の承諾が必要なので私の場合は無理だったとは思いますが…)

就労から脱出するためにも、副業や不労所得で自分でお金を稼げることを身に付けてください。組織に属し労働力を安く買われるような働き方に未来はありません。「働いたら負け」なのです。

 

関連記事:働いたら負けは真理!なぜ労働は人を不幸にするのか?

スポンサーリンク