アイキャッチ画像

認めるべき?ホームスクーリングの利点・欠点とは?【自宅学習】

スポンサーリンク

ホームスクーリングとは、学校に通わず自宅で勉強するという教育方針のこと。要するに、家庭学習です。

近年において、海外では積極的に取り入れられ法整備もなされています。

ホームスクーリング(英語: homeschooling)は、学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習を行うことをいう。

オルタナティブ教育の形式のひとつであり、ホームスクール(英語: homeschool)、ホームエデュケーション(英語: home education)などともいう。

ホームスクーリングが盛んな米国などでは、家庭を拠点としながら大部分の時間を戸外の教育機関で過ごすケースがあるため、在宅教育(ホームスクーリング)とともに、自宅ベース教育(home-based education ホーム・ベイスド・エデュケーション)と言う表現も使われる。

出典:ホームスクーリング-Wikipedia

調べてみると色々出てくるものの、日本ではあまり浸透していないように思えます。私としては、認められるべきことだと感じました。

日本におけるホームスクーリングの実態とは?ホームスクーリングの利点・欠点とは?

今回はホームスクーリングについて考えていきます。

スポンサーリンク

日本はホームスクーリングを原則として認めない

不登校が非常に多い日本ですが、ホームスクーリングは原則として認められていません。

子供が本心で学校に行きたくないのであれば、やむを得ないという認識のようです。

文部科学省のホームページには学校教育法の規定により「義務教育を家庭で行うことを認めていない」と記載されており、従って、日本国内でこれを行う保護者は学校教育法に抵触する恐れがある。

なお、ドイツなどとは違って義務教育期間の年齢である子供自身には就学義務はないため、保護者が就学可能であるよう環境等を十分に整えて準備したにもかかわらず子供の自由意思で不登校である場合は、法律上の義務に違反した扱いにはならない。

出典:ホームスクーリング-Wikipedia

スポンサーリンク

ホームスクーリングのメリット

  • 決まった時間に起きて登校せずに済む
  • 授業によって長時間拘束されない
  • 宿題や居残りで時間を浪費せず済む
  • 時間配分が自由
  • 学習方法も自由
  • 自分のペースで勉強できる
  • 学びたいことを学べる
  • いじめに遭わずに済む
  • クソ教師に会わなくて済む
  • 学校側も負担が減る
  • 学校行事に参加しなくていい
  • 始業式や終業式で時間を取られない
  • 給食費などを徴収されない
  • 給食当番や教室掃除をやらずに済む
  • クラブ活動・部活に加入しなくていい

上記のように、くだらないことで時間を取られず、そして嫌な人間関係によって精神を消耗することなくストレスフリーになれるのがホームスクーリングの魅力です。

上記に挙げた以外にも、子供の健康面への配慮、芸能活動との両立といった利点もあります。

ホームスクーリングのデメリット

  • 親の負担が増える
  • 毒親だと子供に悪影響
  • 学校生活に比べて出会いが少ない

ホームスクーリングの欠点として挙げられるのは、親によって教育の室が決まること、人との出会いに積極的な子供としては退屈に感じられることくらいでしょう。

とはいえ、基本的にはメリットの方が上回っています。

終わりに:ホームスクーリングのメリットは大きい

上記に挙げたように、ホームスクーリングのメリットは絶大だと言えます。

家庭の事情は複雑で様々ですし、子供の不登校を深刻化を防ぐためにも日本でホームスクーリングは認められるべきです。

とはいえ、最終的には子供の意思を尊重すべきでしょう。子供が学校に生きたいと言うのであれば行かせた方が良いし、行きたくないと言うであればホームスクーリングの方が良いです。

学校で習うことが全てではありません。所詮は一つの教育施設です。大きなストレスを抱えてまで学校に通い続ける価値なんてないも同然。

ストレス抱えることなく気楽かつ自由に学習できるようにするためにも、ホームスクーリングは認められるべきなのです。

関連記事:義務教育は馬鹿げている!?学校という名の奴隷養成施設義務教育は馬鹿げている!?学校という名の奴隷養成施設

スポンサーリンク