アイキャッチ画像

【MBTI】S(感覚)とN(直観)の違い【16タイプ性格診断】

スポンサーリンク

自己理解・他者理解ツールであるMBTI(16類型性格論)では人の性格を4つのアルファベットで表しています。

その2番目の文字はSNであり、前者は感覚(Sensing)、後者は直観(Intuition)と定義しています。

両者の違いは何か?

今回はMBTIにおける、S(感覚型)とN(直観型)の違いについて考察していきます。

スポンサーリンク

感覚型は経験・事実・慣習・具体性・現在を重視

人生は、経験しなければ理解できない教訓の連続である。
―ラルフ・ワルド・エマーソン
(アメリカの哲学者、1803~1882)

感覚型は今この瞬間を生きて、五感で感じることを好みます。

経験を信頼、事実を観察・記憶、常識を重んじ慣習的。地に足が着いた考えの持ち主です。それ故に、工学や料理など具体的で実用性のある物事に興味を持ちます。

手慣れたことを好み、新しいことには気が進みません。空想にも耽ることも少なく、現実的です。また、比喩表現や独特な言い回しを好まず、事実をありのままに述べます。

経験と事実を重視、具体的かつ実用性のある物事を好む、慣習的で既存の手法をとる、現在志向。これらが感覚型の特徴です。

直観型は理論・ひらめき・独創・抽象性・未来を重視

独創的―何か新しいものを初めて観察することではなく、古いもの、古くから知られていたもの、あるいは誰の目にもふれていたが見逃されていたものを、新しいもののように観察することが、真に独創的な頭脳の証拠である。
―フリドリーヒ・ニーチェ(ドイツの哲学者、1844~1900)

直観型は未来志向であり、想像することを好みます。想像力豊かで型破りです。

ひらめきを信頼、理論を重視、アイデアを重んじ独創的。革新的な考えの持ち主です。それ故に、哲学や文学など抽象的で空想できる物事に興味を持ちます。

新しいもの・独自のやり方を好むために、一般的な慣習や常識を嫌って型にはまろうとしません。また、仮説を立てることで物事の本質を見抜いたり、その背景にあるパターンを捉えることも得意です。

空想に耽ることも多く、比喩表現や独特な言い回しを好みます。そのため、考え方が斬新で周囲からは変わっている人と思われがちです。

ひらめきと理論を重視、抽象的かつ独創性のある物事を好む、独自の手法をとる、未来志向。これらが直観型の特徴です。

スポンサーリンク

まとめ

S(感覚型)N(直観型)
  • 五感
  • 現在志向
  • 現実的
  • 慣習的
  • 具体的
  • 経験を信頼
  • 事実を重視
  • 観察する・記憶する
  • 既存のやり方でやる
  • 手慣れたことを好む
  • そのまま伝える
  • 常識的
  • 実用的なものが良い
  • ノンフィクション
  • 頭脳
  • 未来志向
  • 想像力豊か
  • 独創的
  • 抽象的
  • ひらめきを信頼
  • 理論を重視
  • 仮説を立てる・パターンを掴む
  • 独自のやり方でやる
  • 新しいことを好む
  • 比喩を好む
  • 斬新
  • 新しいことを好む
  • 芸術的なものが好き
  • フィクション

上の表からも、感覚型は五感・経験・現実・現在志向、直観型はひらめき・理論・想像・未来志向、であると言えます。

感覚型は堅実に確立した手法をとり、直観型は想像力豊かで型にはまりません。

感覚型の人も直観型の人もお互いの違いを理解し、認め合うことが大切です。

そうしてこそ、互いの長所を伸ばすだけでなく、欠点も補える建設的な人間関係を築くことができます。

関連記事:無料の性格診断で自分の強み・適正を知ろう【おすすめ4選】

【MBTI】INTJについてのまとめ

スポンサーリンク