アイキャッチ画像

放っておくと大変!?ニキビを治すためにやるべきこと4つ

スポンサーリンク

ニキビに悩まされていませんか?

ニキビは嫌でも気になるものです。鏡を見れば、いかに自分が不潔かつ不衛生で、不快かを自覚しますから。放っておけばかゆみも伴います。

特に、接客業といった人と関わる仕事であれば治したいところです。肌が汚いのは悪印象ですからね。ニキビは思っているよりも厄介な症状なのです。

ただ、やり方を間違えると跡が残るなど、さらに悪化して取り返しがつかなくなります。

ニキビの適切な治療法とは?

今回はニキビを治すためにやるべきことを私の体験から記します。

スポンサーリンク

皮膚科に通う

まず最初に行うべきことです。専門家に診てもらいましょう。

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の病気です。よって、病院で治療を受けることができます。

私の場合、簡単な治療と薬を処方されました。飲み薬と塗り薬の2種です。2週間毎に通院していましたが、最初の通院から3~4ヶ月後には完治しました。症状が軽ければ、1ヵ月もかからないかと。

ですから、まずは皮膚科に行きましょう。診察してもらい処方された薬を服用ことこそ、ベストな治療法です。

肌のケアを怠らない

ニキビの原因は皮脂の分泌、毛穴の詰まりにあります。よって、洗顔・体の洗浄もニキビの治療法として有効です。

石鹸or洗顔料で肌を洗い、化粧水を使って保湿で肌をケアしましょう。実際、医師にもそうするよう言われました。皮膚科の診察と薬だけで、安心してはいけません。

洗顔・洗浄はニキビ治療の基本です。習慣にしてください。私は以下の洗顔料と化粧水を今でも使っています。

食生活を見直す

偏った食事は皮脂を過度に分泌し、ニキビを悪化させます。普段の食生活もニキビに関係しているのです。

だから、栄養バランスを考えること、間食を控えることなどを心掛けましょう。

食生活の見直しもニキビの改善に繋がっています。バランスの良い食事を意識してください。

スポンサーリンク

睡眠をしっかり取る

睡眠には肌の新陳代謝を促す効果があります。

寝不足は肌の敵です。生活リズムを整えるなどして、少なくとも6時間の睡眠時間を確保してください。質の良い睡眠はニキビをはじめとする肌荒れ防止に繋がるのです。

スポンサーリンク

関連記事:優秀な人はしっかり寝る!意外と知られていない睡眠の4つの効果
侮ってはいけない!寝不足による3つの悪影響

終わりに:生活の見直しこそニキビの改善

まず最初にやるべきことは皮膚科への受診ですが、普段の生活を見直すこともニキビの治癒に繋がります。小さな改善の積み重ねが大事です。

ニキビを治せれば、鏡を見て憂鬱になることはありません。自信が湧いてくるでしょう。そのためにも、今回挙げた方法を是非とも実践してみてください。

この記事がニキビの治し方について参考になれば幸いです。

スポンサーリンク