誰にでも発症する!? 燃え尽き症候群の原因と症状、克服方法

スポンサーリンク

突如無気力になったり、何に対してもやる気を失ったことはありませんか?

このような人は燃え尽き症候群に陥っている可能性が高いです。

燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、英: Burnout)は、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう症状。
燃え尽き症候群-Wikipedia

何事にも熱が冷めたかのごとく、無気力になってしまうのです。これは非常に深刻であり、日常生活に大きな支障をきたします。

燃え尽き症候群の原因とは? 症状とは? そして克服するためには?

今回は燃え尽き症候群について書いていきます。

スポンサーリンク

主な原因

燃え尽き症候群の原因はストレスです。

具体的には、勉強や仕事に打ち込み過ぎたことによるエネルギーの消耗、または思うような結果を得られなくて虚無感を感じることにあります。

特に、 責任感ある真面目な人、高い目標・理想を持つ人、完璧主義者はこの傾向が強いです。こういった人たちはうまくいかなかった時に挫折しやすいですから。

主な症状

燃え尽き症候群の症状としては以下のものが挙げられます。

  • 無気力
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 胃痛
  • 不眠症
  • 常に疲労を感じる
  • 不安障害
  • 集中力の欠如
  • 悲観的になる
  • イライラしやすくなる
  • 食欲不振

etc…

体が痛んだり精神不安定に陥るなど、行動に支障が出て普段の生活すら上手くいきません。

最悪の場合、職場に行くことすら億劫になります(出社拒否症)。

スポンサーリンク

関連記事:出社拒否症に陥る人の6つの特徴

克服または予防方法

適度に手を抜く

何よりも優先すべきは自分の身の安全です。体を壊してしまっては元も子もありません。

手抜きこそエネルギーの浪費を防ぎます。

目標・理想を低くする

先ほど述べたように、自らに高い目標・理想を課す人ほど燃え尽き症候群に陥ります。

ハードルを高くすることが良いとは限りません。 むしろ、そのことに追われて精神を消耗したり、挫折から立ち直れずに自滅する可能性があります。

時に小さなことの積み重ねの方が効果的だったりします。精神的な負荷もかかりません。

完璧を目指さない

完璧というのはキリがありません。完璧を目指そうとするほどドツボにはまります。

中途半端でも良いのです。むしろ、その方が体力を温存できて次の作業が捗ります。

一人で抱え込まない

責任感が強い人は一人で抱え込みがちです。

時には誰かに頼りましょう。そうしてこそ、心は軽くなります。

終わったことは忘れる

終わったことはどうしようもありません。

失敗を根に持つことなく忘れましょう。未練に縛られることなく前向きに捉えることが大事です。

仕事を変える

そもそも仕事内容や職場に問題がある場合だってあります。これに関しては自分の力ではどうにもなりません。転職して環境を変えましょう。

以下の転職エージェントがおすすめです。是非利用してください。
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

利用はすべて無料!東京都内での就職・転職なら!【正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター】

転職エージェント・ワークポート

[AidemSmartAgent]転職

正社員の転職を無料支援!
 typeの人材紹介

終わりに:燃え尽き症候群はうつ病の一種

原因と症状の点から、燃え尽き症候群はうつ病と同じくらいに深刻です。陥ってしまえば、回復にはかなりの時間を要するでしょう。

改善・予防のためにも自分と向き合いましょう。自分を大切にすることこそ、心身の健康に繋がります。

この記事が燃え尽き症候群についてのヒントになれば幸いです。

参考:『他人の心理学』(著:渋谷昌三、西東社)

スポンサーリンク


関連記事:完璧主義を改善するためにやるべきこことまとめ
出社拒否症に陥る人の6つの特徴