アイキャッチ画像

あの福沢諭吉が語る!人望を得るために必要な3つのこと

スポンサーリンク

周囲に人望が厚いと思われる人はいますか?

また、あなたは他人からどう評価されていると思いますか?

人望【じんぼう】
信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。
出典:デジタル大辞泉

人望を得るためには人から評価・期待されることが必要です。とはいえ、時に他者から評価・期待されることは時に精神的な負荷になります。特に、人付き合いが苦手だったり、独り身が好きな人は分かるかと。

対して、福沢諭吉は『学問のすすめ』にて以下のように説きます。

商売にも著述にもはなはだ都合よきことあり。人望を得るの大切なることもって知るべし。

およそ人間世界に人望の大小軽重はあれども、かりそめにも人に当てにせらるる人にあらざれば、なんの用にも立たぬものなり。

やはり、人望は大切だということです。

実際、社会に生きていくうえで人望は武器になります。人望厚い人は信頼されますが、人望がない人は相手にされません。

では、人望を得るために必要なことは何か?人から良い評価を貰うには?

今回は福沢諭吉『学問のすすめ』をもとに人望を得るために必要なことについて書いていきます。

語彙を増やす

第一 言語を学ばざるべからず。

より多くの言葉を学び語彙を増やしましょう。相手との会話が弾みやすくなります。

近く人に接して、直ちにわが思うところを人に知らしむるには、言葉のほかに有力なるものなし。

相手に自分を理解してもらうためには、その人に接して言葉で伝えることが一番です。コミュニケーションこそ、相互理解の第一歩です。

また今日不弁なる人の言を聞くに、その言葉の数はなはだ少なくしていかにも不自由なるがごとし。

また、語彙不足では会話が噛み合わないなど、齟齬が生じます。かといって、ただ語彙を増やすだけでは意味がありません。相手が理解できるように、難しい言葉を簡単に言い換えることが重要です。

ゆえに言葉は、なるたけ流暢にして活発ならざるべからず。

分かりやすい説明で会話や伝達を円滑にできる人こそ慕われます。流暢で活発なコミュニケーションを心掛けましょう。

スポンサーリンク

見た目に気を遣う

第二 顔色容貌を快くして、一見、直ちに人に厭わるることなきを要す。

外見を整えましょう。出会って間もない人に自分の中身なんて分かってもらえません。第一印象が肝心です。

顔色容貌の活発愉快なるは人の徳義の一ヵ条にして、人間交際においてもっとも大切なるものなり。人の顔色はなお家の門戸のごとし、広く人に交わりて客来を自由にせんには、まず門戸を開きて入口を洒掃し、とにかくに寄りつきを好くするこそ緊要なれ。

どんなに性格が良い人でも、不潔感漂ったり、服装がだらしなかったりすれば印象は悪くなります。まずは見た目です。姿勢と態度も正しましょう。

身なりに気を遣っている人は皆近づきやすく、親しみやすいです。すぐに慕われ、信頼されるのも当然でしょう。

心理学におけるハロー効果と同じですね。もちろん、見た目が全てではありません。でも、見た目もやはり重要です。人柄が評価されるのはその次かと。

ハロー効果(ハローこうか、英語: halo effect)とは社会心理学の用語で、ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと。
例えば、ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると感じてしまうことや、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。
ハロー効果-Wikipedia

スポンサーリンク

他の分野の人と接する

第三 「道同じからざれば相ともに謀らず」と。

自分の専門分野だけでなく、別の分野の人とも交流しましょう。視野が広がるのはもちろん、色んな人と繋がりが持てます。ビジネスでは特に有効です。

人に交わらんとするには、ただに旧友を忘れざるのみならず、兼ねてまた新友を求めざるべからず。

十人に遭うて一人の偶然に当たらば、二十人に接して二人の偶然を得べし。人を知り、人に知らるるの始源は、多くこの辺にありて存するものなり。

旧友を大切にしつつも、新しい友を求めましょう。10人の人に会ったら、次は20人の人に会ってみましょう。

多分野に渡って他者と交流する人こそ、多くの人に慕われる人望の厚い人なるのです。

終わりに:人望のある人は何事もうまくいく

社会で生活する以上、人との関わりを完全に避けることはできません。だったら、多くの人と関わっていく方が有利ですよね。とはいえ、人付き合いの苦手な人にとっては辛いことです…(私もその一人です…)

十人の見るところ、百人の指すところにて、「何某は慥(たし)かなる人なり、たのもしき人物なり、この始末を託しても必ず間違いなからん、この仕事を任しても必ず成就することならん」と、あらかじめその人柄を当てにして世上一般より望みをかけらるる人を称して、人望を得る人物という。

私は他人からの評価が全てだとは思いません。でも、評価が高いことは大きな魅力です。人から頼もしいと思われるのは大きな自信に繋がります。

人にして人を毛嫌いするなかれ。

人望を得たいのであれば、他人を毛嫌いせず積極的に交流するしかありません。

最初にも言ったように、人望の厚さは大きな武器です。何事も他者の協力を得やすく成功しやすいですからね。人に慕われることを誇りに思いましょう。

スポンサーリンク


関連記事:尊敬される人の5つの特徴