アイキャッチ画像

侮ってはいけない! 睡眠不足による3つの悪影響

スポンサーリンク

普段からどのくらい睡眠を取っていますか?

わたしたちに必要な睡眠時間の目安は6~8時間とされています。長ければ良いという訳ではありません。でも、一番深刻なのはそれすらを下回り、睡眠不足に陥ってしまうことです。

一度だけなら問題ないと思いますが、何度も陥ってしまいいつまでも改善されないのが現状でしょう。また、睡眠不足による悪影響を甘く見てる人は未だに多いです。睡眠不足は各所で散々問題視されているというのに… 睡眠不足はもう軽い問題では済まされません。

では、睡眠不足がもたらす悪影響とは? 多くの人が睡眠不足に警笛を鳴らすのはなぜか?

この記事では、睡眠不足による悪影響について書いていきます。

能力が下がる

睡眠不足ではストレスが増大するだけです。これでは、疲れは取れず十分な能力は発揮できません。この状態が続けば、能力は段々と下がってしまいます。

具体的には集中力や記憶力が低下して、勉強や仕事に支障をきたします。酷くなれば、簡単な業務すら遂行できなくなってしまうでしょう。例としては、車の運転すらダメになり事故に遭ってしまうかもしれません。ストレスだらけの状態でまともな作業なんてできる訳がありませんからね。

最高の力に発揮するためには、疲れを取ることが必要です。身体と脳は睡眠によって休養します。それらが休養されれば能力を最大限にまで引き出せます。そう、睡眠こそ一番の休養なのです。

この休養できないことこそ睡眠不足の一番の悪影響とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

不健康になる

睡眠不足では心身共に不健康になります。ストレスが溜まる一方で免疫力が下がり、病気になるリスクが高まります。

肥満や高血圧はもちろん、身体の面では糖尿病や心筋梗塞など(特に生活習慣病)、心の面では抑うつや精神病にもかかります。最悪の場合、死に至るのです。

睡眠不足では病気からは逃れられません。もはや、睡眠不足=病気という表現が正しいでしょう。睡眠は命に関わるほど重要なのです。

スポンサーリンク

肌が荒れる

肌荒れするのも睡眠不足の影響です。

成長ホルモンの分泌が止まるなどして肌の新陳代謝が十分に行われず、乾燥肌やニキビといった炎症を引き起こします。睡眠不足は皮膚にまで及ぶのです。

逆に言えば、睡眠をしっかり取ることで肌が炎症することなく美肌を保つことができます。美肌を保つは普段のケアも大事です。でも、一番大事なのは睡眠でしょう。美肌を保っていられる人は質の高い睡眠を取っているのです。

まとめ:睡眠不足はリスクが高すぎる

睡眠不足はリスクばかりです。ただ、言葉にせずとも睡眠不足の危険性は誰もが身をもって体感しているはずです。それでも、軽視されがちなのでしょう。寝てない自慢してくる人もいるくらいですし…

ともかく、わたしたちには睡眠は欠かせません。心身共に健康であるためにも睡眠をしっかりとりましょう。睡眠不足が続けば死に至ります。睡眠を大事にしてこそ自分を大切にできるのです。

関連記事:優秀な人ほどよく眠る! 知っておくべき睡眠の効果4つ

寝てない自慢が大好きな人の心理とは?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加