アイキャッチ画像

要注意人物!手柄を独り占めする上司の心理と対処法

スポンサーリンク

上司にミスを押し付けられるなどして手柄を横取りされた経験はありませんか?

こういう上司に限って何もせず威張ってばかりで、成果や功績を持っていません。いわゆるクソ上司です。どの会社にも1人はいるでしょう。

会社のお荷物で邪魔者以外の何者でもありませんが、こういった上司が不当に評価されるのが現状です。

このようなクソ上司の特徴は何か?対処法として何が挙げられるか?

今回は部下から手柄を奪おうとする上司の心理と対処法について書いていきます。

権威主義で自分の保身に必死

このタイプのクソ上司は職場での地位や立場にこだわる権威主義の傾向が強いです。やたらと自分をアピールしたがり、自己保身に走ります。

自分の利益のためには手段を選びません。部下の手柄を奪い自分の成果にするのも日常茶飯事です。

一方で、自分より目上の人間にはいい顔をして媚びます。仕事に関する能力は全くといっていいほどないのに、人間関係や社内評価に対する立ち回りだけには才能があるといっていいほど凄いです。ただのゲスですね…

このような上司の関心は自らの保身と利益だけです。周囲の人間はもちろん、会社の利益なんてどうでもいいものでしかありません。

能力と良心がないうえに、自己中心的でプライドは高い典型的なクズ人間なのです。

臆病で劣等感が強い

また、このような上司は強い劣等感を持っているのも特徴です。自分は無能だというコンプレックスを持っています。それを悟られないように自分を必死にアピールしているのです。
自分より有能な部下に攻撃的で威張っています。自分の立場を脅かされないかを常日頃から不安に思っているからです。実際は臆病でヘタレなのです。

逆に能力の低い部下には優しく、時にはひいきにします。自分と似て無能な人間であれば、自分の立場を維持できるからです。

本心から仲良くなりたいのではなく、自己保身のためでしかありません。
そういった点から、このタイプの上司は自分には取り柄がないと自覚していているのです。

スポンサーリンク

終わりに:このような上司の対処法とは

「解決するにはどうすればいいか?」

このようなクソ上司の対処法としては以下の方法が挙げられます。

  • 上司を出世させて自滅を待つ
  • まともに関わろうとしない・なるべく避ける
  • 転職などして職場を変える

最初にも言ったように、このタイプの上司は能力も成果もない無能な人間です。だから、出世しても勝手に自滅します。上司自らが行った不当な行為が露呈するのも時間の問題でしょう。

逆にやってはいけないのが、上司に歯向かったり反抗したりすることです。

クソ上司に限って上層部を味方にするなど、人間関係に関する立ち回りだけは無駄に上手かったりします。こちらがやられるだけで無駄なエネルギーを消費するだけです。だったら、関わりを少しでも避けようとする方が楽です。

顔も見たくないのであれば、転職するなどして環境を変えるのが一番です。そもそも、クソ上司を放っておく時点でまともな職場ではありません。少しでもより良い職場に近づくためにも一歩踏み出しましょう。転職には以下のエージェントがおすすめです。是非とも利用してみてください。

第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

転職にお悩みの方はコチラ

スポンサーリンク
[AidemSmartAgent]転職
キャリアスタート


関連記事:クソ上司の典型例!部下の失敗を責める上司の実態とは?
自己アピールの激しい人の特徴とは?
参考:『他人の心理学』(著:渋谷昌三、西東社)