画像

その資格は本当に必要?資格の取得について考察してみた!

スポンサーリンク

みなさんはいくつ資格を持っていますか?

私は英検以外の資格を持っていません。一番メジャーな自動車免許ですら、です。

その英検さえも何級か忘れましたし、一度も役に立っていません。

資格はあればあるほど便利かつ有利だとは思います。

しかし、それらは無料で取得できるわけではありません。また、勉強などで費やす時間もかなりのものでしょう。

何より、仕事で普段から使う資格なんて多く見積もっても3つか4つくらいだと思います。

資格をたくさん持つことは本当に大事なのでしょうか?

今回は資格について考察してみました。

資格の数について

日本の資格に関する一覧の一覧

上記のリンクより、全部で1000以上の資格があると思われます。

さらに、

国家資格一覧

国家資格に関しても300近くあります。

正直、国家資格だけでもかなり多いと感じます。

それに、時代が進むにつれて新たな分野や事業に関する資格が誕生し、今持っている資格が通用しなくなるかもしれません。

転職に関してもそうです。

いつまでも同じ会社に居られるとは限りません。業界や職種が変わらなくても、会社が変われば必要な資格が増えるというケースは少なくありません。

また、会社だけでなく業界と職種が変わる可能性だってあります。そうなればまた別の資格が必要になるでしょう。

そう思うとキリがありませんね。

最初にも言いましたが、資格の取得はタダではありません。

金銭面に関しては会社が負担してくれる場合が大半だと思います。(というより、自腹で取得させようとする会社はブラック企業なのでは…)

しかし、時間に関してはそうはいきません。

勉強時間はある程度自分で確保する必要があります。合格するには会社の研修だけでは足りないでしょう。

先ほどのような、時代の変化や転職の可能性を考慮すれば、かなりの時間を浪費するであろうことに気づくはずです。

よって、資格であれば何でも取得するべきだとは到底思えませんね。

画像

資格の取りすぎはキャリアの形成を困難にする

たくさん資格を持っているというのは有利なのはもちろん、自信にも繋がると思います。

とはいえ、本当の道を見つけるのは難しいでしょう。

実際、資格を取ってはキャリアがころころ変わっている人って周りに結構います。

ただ、大半の人の仕事は最終的には多くても2つ(本業と副業)に収まるはずです。

資格に関してもそうです。最終的に使う資格って1つか2つ、多くて3つだと思うんです。

だから、資格を取りすぎては自分の夢を決められません。選択肢を広げすぎて優柔不断になります。

しっかりとキャリアを築くためには、あれこれ広げすぎず、取捨選択することが大事なのです。

まとめ:資格は厳選すべき

好奇心や趣味として資格を多く取得するのであれば別にいいと思います。

しかし、就職や転職など仕事のためであれば選択肢を広げすぎて路頭に迷うだけです。

確かに未来は何が起こるか分かりません。でも、自分がどんな将来を歩みたいか、どんな夢を持っているかについては明確にできるはずです。

これから資格を取る方はもちろん既に持っている方も、その資格の必要性や将来の影響について改めて考えてみませんか?

自分を知るためにも以下の記事を参考にしてみてください。

全て無料!おすすめの性格診断4つ

スポンサーリンク