アイキャッチ画像

血液型占いにハマる人は頭が悪い!? 血液型についてのデータまとめ

 

スポンサーリンク

身近に血液型の話が好きな人はいるでしょうか?

私はよく分からないのですが、血液型による性格診断や占いがあるようですね。

  • A型—真面目で気が利く、頑固で神経質
  • B型—好奇心が強い、マイペース
  • O型—おおらか、大雑把
  • AB型—クール、打算的、気分屋

とのことですが、本当なのでしょうか?根拠はあるのでしょうか?

今回は血液型のデータを集め、考察してみました。

スポンサーリンク

科学的根拠はゼロ

血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠

血液型と性格の関連についての調査的研究

など、血液型と性格について調査した論文はいくつかありますが、どれも血液型と性格に関係性はないという結論でした。

よって、血液型性格診断は当てになりません。

そもそも、人間の性格を4つのタイプに分けること自体が難しいでしょう。

他の性格診断でもエニアグラムは9タイプ、MBTIは16タイプあるのですから人間の性格を分けるには最低でも10タイプ程度は必要でしょうね。

関連記事:自分の強みを知ろう!おすすめの性格診断4選

また、血液型性格診断が流行った背景については『疑似性格理論としての血液型性格関連説の多様性』に

「2004年2月21 日から約 1 年間,約70本もの血液型性格関連説に関するTV番組が放映された。これらの番組では血液型と性格の関連を肯定していた。」と記されていました。

血液型性格診断が日本で根強い人気があるのはテレビが原因のようです。(海外では血液型の話は滅多にない)


ブラッドタイプ・ハラスメントの誕生

ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)とは血液型性格診断による差別のことを指します。その中でもAB型が少数のため不当に扱われています。

私はまだ遭遇したことがありませんが、これを評価基準として採用している企業もあるようですね。

パワハラやモラハラと同じように、こんなものを評価基準とするのはブラック企業以外にあり得ません。訴えられても文句は言えないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:血液型で人は判断できない

血液型による性格の分類は根拠がありません。ブラハラと言われるように差別と同じです。

よって、自分から血液型で他人を判断することは避けるべきだし、そのような人間と関わってはいけません。

血液型で分かることなんて抗原(血液中の物質)の有無くらいでしょう。

このような風潮は早く消えてほしいですね。


補足:血液型の分布

日本では「A型39%、B型22%、O型29%、AB型10%」(出典:渋谷昌三『他人の心理学』)とされています。

A型が一番多く、次いでO型が多いです。

海外については図録 血液型の国際比較によると、O型が最多の国、B型が最多の国も存在してます。

血液型による性格の違いはありませんが、国によって分布の違いがあるのは不思議ですね。

スポンサーリンク