アイキャッチ画像

手書きの履歴書は時代遅れ!パソコンで書くべきたった2つの理由

スポンサーリンク

手書きで履歴書を書くように強要する会社は多いと思われます。

宛名書きなど、手書きが必要な職種であれば分かるのですが そうでもないのに手書きを求めてくるのは何の意味があるのでしょうか?

私も就活では手書きを強要されましたが、当時も今も疑問でしかなかったし非効率で無駄なことであると断言します。

というわけで、今回は履歴書の書き方について思うことを語っていきます。

スポンサーリンク

パソコンの方が効率的なうえにミスもない

手書きというのはかなりの集中力が必要で疲れます。

名前と住所、学歴と職歴の欄なんてパソコンならコピペで済むのに手書きであれば何度も書かなければなりません。最後の最後にミスしたときは発狂しましたよホント…
修正液での訂正がOKならまだマシだったかもしれません。

しかし、正式な書類ということでそんなことは許されることはなかったし、これからもないでしょう。
私は履歴書なんぞに集中力と時間を費やしたくありません。本当に無駄としか思っていません。

パソコンであれば自分にとっては疲れないため無駄なミスをしないわ、企業にとっては読みやすいわで一石二鳥なのです。

スポンサーリンク

手書きか否かは仕事の出来・不出来に関係ない

手書き派の意見として「文字には人柄が表れるから」、「字が雑なら仕事も雑に違いない」というのがあります。

しかし、それって根拠はあるのでしょうか?私はそんな話を聞いたことがないし、嘘にしか思えません。

仕事ができるできないのに字の上手さは関係ないと断言します。

字が上手くても仕事ができない人はいるし、その逆も然り。

より、たかが字だけで人を判断するだなんて程度が知れます。

応募する側も企業を選ぶのですから、そんな上から目線の企業に魅力はないし人も集まらないでしょう。

履歴書が手書きか否かで人を判別するような企業は時代遅れのブラック企業以外ありえません。

スポンサーリンク

まとめ:手書きを強要する企業はこちらから願い下げ

このように、手書きの履歴書にはデメリットしかありません。

手書き派から「パソコンでは人柄が出ない」、「楽しようとするな」といった反論が聞こえそうですが、無視で問題ないでしょう。
今時、履歴書の書き方にケチをつけるような企業はブラック確定です。
履歴書・職務経歴書-ハローワークインターネットサービス
上のように履歴書のテンプレートは無料でダウンロードできます。検索すれば他にも出てくるし、なんならExcelなどで自分で作っても問題ありません。
というわけで無駄を最小限にするため、またブラック企業を判別するためにも履歴書はパソコンで作成することをおすすめします。

スポンサーリンク